2021年2月のウイルスレビューが公開されました。

TOC

2021年2月のウイルスレビューが公開されました。

Dr.Webの統計によると、2021年2月に検出された脅威の合計数は前月と比較して25.07%増加し、一方でユニークな脅威の数は7.57%減少しています。検出された脅威の多くを依然としてアドウェアが占めていました。メールトラフィック内では、さまざまな悪意のあるスクリプトと、 Bladabindi バックドアや AgentTesla スティーラの難読化された亜種が多く検出されています。また、Microsoft Officeプログラムの脆弱性を悪用するマルウェアも引き続きユーザーを脅かしています。

2月にDoctor Webテクニカルサポートサービスに寄せられたデータ復号化のリクエスト数は1月と比較して21.27%減少しています。最もアクティブな暗号化ランサムウェアは Trojan.Encoder.26996 で、リクエスト全体の21.45%を占めていました。
(この続きは以下をご覧ください)
https://news.drweb.co.jp/show/review/?i=14165&fbclid=IwAR3ndi-gSnWAyNTf9phACfnheUQKD_pJioLbFFHUESHo71_oeeXIqm2hdlQ

Let's share this post!
TOC
閉じる