テレワーク時代にはクラウド型&多階層型アンチウイルスがぴったり

Dr.Webアンチウイルスコラムがマイナビニュースに掲載されました。「テレワーク時代にはクラウド型&多階層型アンチウイルスがぴったり 」興味がある方はご覧ください。–不安をあおるのもよくないと思いますが、このほど、新型コロナウイルスの免疫防御が持続しにくいという研究結果が発表されました(ロンドン・ロイター2020年7月15日付けの記事)。しかも、人類は感染症との戦いにおいて勝利したのは天然痘のみで、SARSやMARSのようなほぼ10年ごとに発生する大規模な感染症には連戦連敗を続けています。また、おそらく大規模感染症は今後も10年ごとくらいに発生し、毎回進化した最強のウイルスに悩まされる可能性があるということです。新型コロナウイルスとの戦いは長期化し、共存する覚悟が必要なのかもしれません。そのような中、多くの企業がテレワークに移行を始めています。テレワークにおいて重要なのはオフィスと同等の機能性とセキュリティの確保が必要ということです。機能性が落ちれば、労働生産性が落ち、売上に影響し、ひいては給与や雇用にも影響します。そして、今回お伝えしたいのはセキュリティのお話です。テレワークのセキュリティにおいてはエンドポイントが注目されており、アンチウイルスにも期待が寄せられています。今回は、テレワークにおいて有効なクラウド型のアンチウイルスと多階層型のアンチウイルスを紹介します。
(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/virus_drweb-24/

Let's share this post!
TOC
閉じる