【業界ニュース】総務省:「テレワークセキュリティガイドライン(第5版)」(案)に対する意見募集の結果及び当該ガイドラインの公表

総務省で表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

総務省では、「テレワークセキュリティガイドライン(第5版)」の案について、令和3年2月15日(月)から同年3月5日(金)までの間、広く意見を募集しました。
 意見募集の結果、20件の意見の提出がありましたので、提出された意見及び当該意見に対する総務省の考え方をとりまとめ、当該ガイドラインと併せて公表します。

1 経緯・概要
 総務省では、企業等がテレワークを実施する際のセキュリティ上の不安を払拭し、安心してテレワークを導入・活用していただくための指針として「テレワークセキュリティガイドライン」を策定・公表してきました。
※平成16年12月初版、平成18年4月第2版、平成25年3月第3版、平成30年4月第4版
 今般、オンライン会議を含めたテレワークの導入が拡大し、クラウドサービスの普及やスマートフォンの活用等がより一層進展するなど、テレワークを取り巻く環境が変化するとともに、サイバー攻撃の高度化等によりセキュリティ動向も変化していることから、「テレワークセキュリティガイドライン」について全面的な改定を行うこととし、改定版(第5版)の案について、令和3年2月15日(月)から同年3月5日(金)までの間、広く意見を募集しました。 

(続きは以下をご覧ください)
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00111.html

Let's share this post!
TOC
閉じる