【業界ニュース】在宅勤務でサイバー攻撃急増、金融機関は対策強化必要も=FSB

ロイターで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

[ロンドン 13日 ロイター] – 主要国の金融当局でつくる金融安定理事会(FSB)は、在宅勤務の導入後、サイバー攻撃が急増しており、金融機関は対策を強化する必要があるかもしれないとの認識を示した。

FSBは、新型コロナウイルスの流行に伴う在宅勤務の導入で、サイバー攻撃の新たな可能性が生じたと指摘。在宅勤務は、今後も何らかの形で続けられるとみられている。

(続きは以下をご覧ください)
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-g20-regulation-idJPKBN2EJ0WL

Let's share this post!
TOC
閉じる