【業界ニュース】ハッカーたちは連休がお好き? ランサムウェア攻撃のタイミングに「祝日」が多い理由

WIREDで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

企業や組織などのシステムを停止させてデータを暗号化し、解除のための“身代金”を要求するランサムウェア攻撃。ハッカー集団に狙われやすいタイミングは、実は多くの人が仕事を休んでいる週末や連休、そして長期休暇の時期だ。
米国で5月31日の戦没将兵追悼記念日(メモリアル・デー)を控えた金曜に標的となったのは、食肉加工大手のJBSだった。7月4日の独立記念日の前々日の金曜に狙われたのはIT管理ソフトウェア会社のKaseyaで、その影響は1,000を超える大小さまざまな事業体に及んだ。同じように同様の大規模なランサムウェア攻撃が発生するかどうかは不明だが、ひとつ確かなことがある。ハッカーは“祝日”が好きなのだ。

(続きは以下をご覧ください)
https://wired.jp/2021/09/19/ransomware-hacks-holidays-weekends/

Let's share this post!
TOC
閉じる