【業界ニュース】ランサムウェアは「最も差し迫った脅威」–英サイバーセキュリティー責任者が警鐘

ZDNet Japanで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 ランサムウェアは、国の重要インフラを提供する組織や大企業から、学校や地場企業に至るまで、幅広い組織にとってサイバーセキュリティ上の脅威になっている。しかしこれは、対抗できる脅威でもあるという。
 英国のサイバーセキュリティ政策を統括する機関である国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)の最高責任者であるLindy Cameron氏は、現地時間10月11日に英王立国際問題研究所が開催したカンファレンス「Cyber 2021」で行った講演で、今世界が直面しているサイバセキュリティ上の脅威について語った。

(続きは以下をご覧ください)
https://japan.zdnet.com/article/35178121/

Let's share this post!
TOC
閉じる