【業界ニュース】 ランサムウェアは「黄金時代」–欧州セキュリティ機関が指摘

ZDNetで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 ランサムウェアは、組織が現在直面する最も深刻なサイバーセキュリティの脅威になった。不正なキャンペーンから利益を得るために、手口をますます巧妙化させたプロのサイバー犯罪者が活動している。
 欧州ネットワーク情報セキュリティ機関(ENISA)は、2020年4月〜2021年7月までのサイバー犯罪者の活動を分析した最新の報告書「ENISA Threat Landscape」(脅威の状況)を公開した。報告書は、ランサムウェア攻撃によって利益を得ようとするサイバー犯罪の急増について警告している。

(続きは以下をご覧ください)
https://japan.zdnet.com/article/35178759/

Let's share this post!
TOC
閉じる