【業界ニュース】マルウェア、ランサムウェア、ダークウェブ 驚異のサイバー犯罪最前線

Forbesで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

マルウェアを用いたネット犯罪の市場が膨張している。
2021年5月のアメリカの石油パイプライン大手、コロニアルパイプライン社がサイバー攻撃を受け、5日間にわたり操業停止となる被害を受けた。いまや、ランサムウェアは社会インフラや安全保障の脅威となっている。
また、コロナ禍におけるデジタル化への加速で、サイバー犯罪者向けのサービス「ランサムウエア・アズ・ア・サービス(RaaS)」が普及し、2020年には、サイバー犯罪集団によるRaaSの利用が195%増加している。

(続きは以下をご覧ください)
https://forbesjapan.com/articles/detail/44145

Let's share this post!
TOC
閉じる