【業界ニュース】1~3月のEmotet相談件数は計656件 前四半期から約54.7倍と“爆増” IPAが報告

Doctor Web Pacificの江川です。ITmedia Newsで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。
今回の記事のポイントは、「日本でのEmotetの猛威が再燃している」ことです。
情報処理推進機構(IPA)が相談件数を公表し、4半期単位になりますが約54.7倍増加を示しています。
添付ファイルやURLをクリックは、慎重に行うことをお勧めいたします。
もしお手元の端末に不安を感じた場合は、セカンドオピニオンツール「CureIT!」をお試し下さい。
CureIT!に関しては、以下URLをご確認ください。
https://drweb-antivirus.jp/wp-content/uploads/2021/12/Dr.Web-Cure-Utilities-leaflet.pdf

情報処理推進機構(IPA)は4月19日、マルウェア「Emotet」に関する相談が1月から3月までに656件あったと明かした。10月から12月までの前四半期の相談件数は12件であり、そこから約54.7倍増加したという。
 相談全体の推移を見ると、今四半期の全ての相談件数は2716件になり前四半期の1933件から約40.5%増加した。そのうち、Emotetに関する相談が最も件数が多く、次点で「ウイルス検出の偽警告」(625件)、「宅配便業者・通信事業者をかたる偽SMS」(84件)が続いた。

(続きは以下をご覧ください)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/19/news143.html

Let's share this post!
TOC
閉じる