【業界ニュース】経産省:「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」(第2.0版)をとりまとめました

窓の杜で表記の情報が公開されましたので、ご

Doctor Web Pacificの江川です。

経済産業省で表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

経済産業省は、企業がサイバーセキュリティ経営ガイドラインに基づいて組織体制を構築し、必要な人材を確保するためのポイントをまとめた『サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き』をリニューアルし、第2.0版として公開されました。
経営者・経営層、最高情報セキュリティ責任者(CISO)、セキュリティ統括担当者、事業部門の責任者、人事部門担当者、セキュリティに関心のある方々は、是非ともご一読ください。

サイバー攻撃が高度化・巧妙化し、あらゆる企業が攻撃の対象となる中、経営者のリーダーシップの下でのサイバーセキュリティ対策の推進が急務となっています。
そこで、経済産業省では、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)とともに、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定しています。
本手引きでは、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の付録として、企業におけるサイバーセキュリティ対策の推進の基盤であり、経営者が積極的に関わるべき、リスク管理体制の構築と人材の確保について、具体的な検討を行う際のポイントを解説しています。
本日公開した第2.0版では、第1.1版(2021年4月公開)をもとに、読みやすさを重視しポイントをしぼって検討手順を明確化するとともに、企業におけるデジタル活用が進展する中で「プラス・セキュリティ」の必要性がさらに高まっていることを踏まえ、一部内容の更新・拡充を行っています。

(続きは以下をご覧ください)
https://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/tebiki_taisei_jinzai.html

Let's share this post!
TOC
閉じる