ロシアの研究所に対する標的型攻撃に関する調査レポートが公開されました。興味がある方はご覧ください。

2020年9月末、Doctor Webのウイルスラボはロシアの主要な研究所の一つから、ローカルネットワークのサーバーの一台にマルウェアが存在することを示唆する技術的問題が見つかったという連絡を受け、支援を依頼されました。調査の結果、Doctor Webのウイルスアナリストはこの研究所が特殊なバックドアを用いた標的型攻撃を受けていたということを突き止めました。さらなる詳細な調査により、研究所がDoctor Webに連絡をする遥か以前からローカルネットワークが侵害されていたということ、そして入手可能なデータによると攻撃を行っていたのは複数のAPTグループであると考えられるということが明らかになりました。

調査の過程で得られたデータからは、2017年秋に最初のAPTグループによって研究所のローカルネットワークが侵害されていることが示されています。最初の感染は Gh0st RAT として知られるマルウェアの亜種である BackDoor.Farfli.130 を使用して行われています。その後2019年秋にネットワークは再び Trojan.Mirage.12 に感染し、続けて2020年6月に BackDoor.Siggen2.3268 に感染しています。
(この続きは以下をご覧ください)
https://news.drweb.co.jp/show/?i=14177

Let's share this post!
TOC
閉じる