【業界ニュース】CISA、「重大な脅威の可能性」に対処できるサイバーセキュリティ対策の導入呼びかけ

ZDNetで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 ウクライナ政府が、ITシステムやウェブサイト改ざんを狙った破壊的なマルウェア攻撃に見舞われていることなどを受け、米国政府は組織に「今すぐ」防御を強化するよう呼びかけた。
 米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は、重要インフラの事業者だけでなく、米国すべての組織を対象に、「CISA Insights」を新たに公開している。この中で、ウクライナのシステムやウェブサイトがサイバー攻撃を受けたことなどから、組織が重大なサイバーリスクを認識し、速やかに対策を講じて、破壊的な侵害に遭遇した場合の影響を軽減できるよう、セキュリティのチェックリストを提示した。ウクライナの関係当局は、ロシアの情報機関とつながりのあるハッカーがサイバー攻撃を仕掛けた可能性があるとして非難している。

(続きは以下をご覧ください)
https://japan.zdnet.com/article/35182417/

Let's share this post!
TOC
閉じる