【業界ニュース】警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

こんにちは。

Doctor Web Pacificの江川です。

ScanNetSecurityで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

今回の記事は、警視庁が公表した”マルウェア「ランサムウェア」の脅威と対策(脅威編)”になります。
同庁では同時に対策編も公表しており、「ランサムウェアによる被害に遭わない」「被害を最小限に抑える対策」について解説しています。

 警視庁は5月2日、「マルウェア「ランサムウェア」の脅威と対策(脅威編)」を公表した。
 同庁によると、企業・団体等におけるランサムウェア被害の件数は、年々増加しており、2021年下半期は85件と、2020年下半期の21件と比べて約4倍となっている。企業規模別に2021年全体の被害件数を見てみると、中小企業が79件で54%を占め、大企業は49件で34%となっている。2021年に手口を確認できた被害について、犯行手口は二重恐喝が82件と85%を占めている。
 感染経路については、「VPN機器からの侵入」が41件で全体の約半数となる54%を占め、「リモートデスクトップからの侵入」が15件、「不審メールやその他添付ファイル」が5件と続いている。

(続きは以下をご覧ください)
https://s.netsecurity.ne.jp/article/2022/05/10/47561.html

引用文にある警視庁が公開した記事は以下よりご覧いただけます。
マルウェア「ランサムウェア」の脅威と対策(脅威編)|警視庁
マルウェア「ランサムウェア」の脅威と対策(対策編)|警視庁

Let's share this post!
TOC
閉じる