【業界ニュース】4月は「au」「au PAY」をかたるフィッシングが約4.5倍に! フィッシング報告数全体も約1万件増加

こんにちは。

Doctor Web Pacificの江川です。

INTERNET Watchで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

今回の記事は、特定のブランド(au PAY)をかたるフィッシングが急増しており、更なるフィッシングへの警戒が必要であることを伝えています。
また、SMSを利用したフィッシングなども増えています。
フィッシングメールの差出人メールアドレスは、ほとんどが正規のメールアドレスを使用した「なりすまし」を利用しています。
フィッシング対策も記載されていますので、是非ご確認ください。

 フィッシング対策協議会は、2022年4月のフィッシング報告状況を発表した。4月のフィッシング報告件数は9万2094件で、前月より9714件増加した。
 フィッシングサイトのURL件数は1万928件で、前月より1149件増加。悪用されたブランド件数は101件で、前月より4件減少した。
 報告数全体のうち、auおよびau PAYをかたるフィッシングが約22.4%を占め、3月と比較すると約4.5倍となった。次いで報告数が1万件以上となったメルカリ、Amazonを加えた上位3ブランドで、全体の約56.5%を占めた。

(続きは以下をご覧ください)
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1408304.html

Let's share this post!
TOC
閉じる